スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

生存と散逸
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


 おなかが減るということは、拡散するエントロピーを破棄し、生命秩序を維持するための流動を欲しているという、それこそ「生きていること」の否応ない証明であるのだけれど、コンテンツ消費に躍起になるあまり、その根本を疎かにしていまいがちになるというのはどうなんだろうと。
 寝食忘れることが出来るのも、また人の業というやつなんでしょうかと、本日の食事が飲み物ばかりという現状に物思う。
 カフェオレも砂糖たっぷりなので、ブドウ糖的には問題ないとは思うのですが。
 人として求めるものと、生き物としての分相応に折り合いがつけられるようになりたいです。



 以前紹介した「Shining ray」のPV作者さんによるジミーの名曲PV。
 前作からさらにシェイプされて、静的に綺麗にまとまった構成と、実写ととけあう七葉式ミクが織り成す映像美は流石ですね。
 ただ、曲に込められた静かな熱情を表現するにあたって、正統派の安定感にパンチの物足りなさも感じる。
 その一長一短、両方含めて、今後の期待は高まるばかりです。



 閑話休題して、恒例の?火狐報告ですが。
 JAVAの再インストールやらなにやら試して、多少マシになったような気がしなくもないけれど、やっぱり一時間ごとにブラウザ再起動しないとダメですね。
 他のブラウザに乗り換えるも、アドオンの便利さに慣れてしまっている身としては、どうにも乗り気になれない。
 次のVer.3.5についても情報チラホラ。それで解決してくれればいいんですが。
 落ちるの怖いと更新のモチベーションも下がろうってもんです。ブログエディタ探そうかな。
なにが氏
動画紹介   2 0

:ボーカロイド - :音楽


『生物と無生物のあいだ』は一気に読みました。内容としては、はわたしの専門分野でもあるので、面白いというより、面白く読ませる筆力に面白く感じましたw
そこで紹介されているシュレディンガーの『生命とは何か』を今1/3くらい読んだところなのですが、こちらもとても面白く読んでいます。
2009/06/27 08:47 | | edit posted by 狭霧小路
 そんなに量を読んでいるわけではないのですが、小説的な情景描写のある新書というのは斬新でしたね。
 「たんぱく質のくちづけ」など、表現の各所に、学者的なロマンへの視線が垣間見えるおかげか、門外漢の自分でも非常に楽しく読み進められました。

 仏教の「中道」や、老子のいう「道」の示しているものは、曖昧さを許容し、そのシステムに組み込んでいる生物のしくみから外れないことではないかと、馬鹿の一つ覚えにこじつけてみたりしています。
2009/06/27 11:29 | | edit posted by なにがし














 

http://naonanigashi.blog54.fc2.com/tb.php/214-0b46d0ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。