スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

お米食べろ!
コシヒカリPR、漢字もローマ字もダメ…中国の商標登録で
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090425-OYT1T01013.htm

 そこまであちらの国に対する感情は持ち合わせていないのですが、気になったのでメモ。
 先日挙がっていたソースコード開示の件に続いてだから、より印象に残ったのかもしれない。

 お米という、言わば日本を象徴するものが勝手に盗用されていることへの憤り。
 「自分たち」が培ってきたものが、他人に食い荒らされることに対して起こるこの感情を、愛国心、郷土愛、またはアイデンティティと呼ぶのかもしれません。

農協の大罪 (宝島社新書)農協の大罪 (宝島社新書)
(2009/01/10)
山下一仁

商品詳細を見る


 最近読んだこちらの農協関連の書籍にも、その怠慢と利権ヤクザっぷりが批判されていましたが、それが問題視されるのは、「文化」という貴重な資源を守ることを放棄しているからなのだと思うわけです。

 個人で言えば脳味噌の中の知識や、身体に刻み込まれた技術。
 それを「歴史」で繋いだもっと大きなもの。
 見えないけれど確実に「ある」もの、故に基盤としての役割を果たしうるもの。

 巷を支配する数字の原理からすれば「ない」ものを盗むことは出来ないわけですが、その侵食を許してしまっているというのは長期的に見てどうなのよ。
 個人じゃどうにもならんそのへんをどうにかするために税金を食わせてもらってるのが、あなたたち公僕なんじゃないんですか、ってなもんで。

 米余りだって言うなら、日本のおいしいお米を貧困に喘ぐ国々に安値で輸出したりすれば、その国からの将来的なフィードバックだって得られそうなもんです、っていうのが先の書籍の受け売りです。
 お互いに利益を得られるいい意味での打算を社会正義とか言うんじゃないだろうか。

 とはいえ、生きなきゃならんから今日の10万というのもまた人間ではあるので、諸々の柵含め、難しいところなんでしょうけどねぇ。
なにが氏
日記   0 0

:ニュース - :ニュース
















 

http://naonanigashi.blog54.fc2.com/tb.php/145-8a61dfc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。