スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

戯言書留
こんなに感動する「スタンド・バイ・ミー」は聴いたことがない(動画)
http://labaq.com/archives/51197033.html

 らばQさんの記事より



 国によって言葉は違うし、言葉が違えば考え方、物事の概念も異なる。
 芸術の中でも、殊更に音楽が世界をつなぐ手段として語られるのは、それが肉体により近い感覚の領域だからではないか。
 その先に、結ばれる各々の偶像を振りかざすから喧嘩も起こるのであって、そうしたものからなるべく遠くに位置されるかもしれない、音という「振動」に共振するような、人間としての部位があれば、とか。

 肌の色とか、畸形とか、脳味噌内のマッピング程度が誤差の領域にとどめられる程度に、ハードの規格統一が成されているから、人間という括りができるのではないかという希望的観測。

 まぁ、理性なりの統制の上に胡坐かいて現状を謳歌していることを考えれば、非現実的この上ない戯言なのですが、持っていないものに夢を見ることも悪くはないんじゃなかろうかな、とかね。
なにが氏
日記   0 0

:ひとりごとのようなもの - :日記
















 

http://naonanigashi.blog54.fc2.com/tb.php/166-142d8f97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。