スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

裾野はやがて都会となるか
とんでもない音楽系ウェブアプリが出た - Hobnox Audiotool
http://www.digitaldj.jp/2009/05/26_210030.html

 つまるところ、プロ並みの機材がネットのアプリで誰でも無料で使えるようになりましたってことらしい。

 ミクさんがデビューした当時、流行に巻かれて本体買っちゃったDTMってなぁに?な人も少なからずいたように思いますが、初音ミクというボーカロイドは、その名前が表すように歌声のみのソフトなわけで、当然楽曲として仕上げようと思えば、音源としてミクを使う挑戦や、アカペラソングでもない限り、曲の方を用意する必要があるわけです。

 その道のプロ含む、普段からPC使って音楽作ってる人ならば、機材なり楽器なりの持ち合わせが既にあるでしょうが、これから門を潜ろうかとする人にとって最初に鬼門になるのもコレ。
 一通り揃えるとなると、そこは専門の道具、値段がどうしても張ってしまうわけで、二の足、三の足踏んでる間に、その場の熱が冷めてしまうパターンは、形は違えど身に覚えもあったりするので擁護側に回ってみます。

 そもそも、道を志そうとするやつがそのくらいの覚悟出来てなくてどうするよ、って言われてしまえば反論の余地もないし、そうしたハングリー精神から生まれる作品の純度が総じて高くなるのも理解はしているのだけれど、せっかくの機会なんだから多いほうがいい。そう個人的には思います。

 一方で、大衆化すると文化が廃れるというのもよく聞く話ではありますが、山に篭って出てこない神様をひたすらに拝んでるだけってのもどうなんだろうっていうのが、ひとつ。

 裾野が開けて、人が住み始めて、村から町、都市へとその姿が変わるに至って、しかし果たして、最終的にその場に溢れる無象の群衆とは、はたしてヒトであるのか、というのもひとつ。

 同じ掛けるならば、消失点が決まっている前者より、後者の中に、何かしらの可能性が見られればなぁ、とかね。

 都会の中に人間が生きていくためには何が足りないのだろうと考えると、また胡散臭い抽象語を用いたくなってしまうんですよねぇ。いやいや。 
なにが氏
日記   0 0

:音楽的ひとりごと - :音楽
















 

http://naonanigashi.blog54.fc2.com/tb.php/195-43c965bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。