スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

一行の力。
 http://newsteam.livedoor.biz/archives/51287470.html

 同じ皮肉にしても、こういう簡潔にキメられるのがやっぱかっこいいよなぁ。




 感情溢れ出る姉さんの歌声をご堪能ください。
 「人っぽい」というのは、もはやボーカロイドに対する賛辞とも言えないんじゃないかとか、ふと思う。
 GUMIの登場で、より旧世代の所謂ボカロ声との差が明確になったことで、それぞれの特徴に応じた使いこなし方が浮かび上がってくるんじゃないか、とか。
 前向きな意味で。




 まさかとは思いますが、この「妹」とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。
 もしそうだとすれば、あなた自身がで妹ファルファモザイク症あることにほぼ間違いないと思います。
 あるいは、「妹」は実在して、しかしそこに書かれているような
 かわいげな行動は全く取っておらず、すべてはあなたの妄想という可能性も読み取れます。
 この場合も、あなた自身が末期症状であることにほぼ間違いないということになります。


 林先生万能説。




 サイハテにしろ物理屋のサヨナラにせよ、少し雰囲気は違うけれどエヴァのKomm, süsser Todにしても、終わるときが明るいもの、穏やかなものであるというイメージはそれだけで、四苦八苦に塗れるこの世界が決して悪いものではなかったという、救いのカタルシスになると思う。
 そのように死にたいものです。




 哀愁がいいなぁ。
 リリックの緩急含めて、不思議なメロディ構成に聞き入る。
 言葉にしてしまうのが野暮なくらいに。


 ブックマークより。



 ボカロクラシカなんかもたまには。
なにが氏
動画紹介   0 0

:ボーカロイド - :音楽
















 

http://naonanigashi.blog54.fc2.com/tb.php/228-43541b24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。