スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

後ろめたいシンパシー


 願わくば、すべてが真っ白に閉じられたままであればどれだけ静かだっただろうとさえ思う。
 未だに、望んでさえいる。
 考えるほどに、自分に形と色を与えてくれる他者の必然、不可欠性に、結局のところは行き着いてしまうのだけれど、地に足のついた関係性を誰かと共有するには、セカイ系の夢の中でたゆとうままに生き過ぎてしまった。

 結局、今、自分の囚われている問題の根元は、大概がその接続不良に起因しているのだろう。
 寂しさというのはもっと静的な感情だと思っていたけれど、どうにもならないものと相対し続けなければならないという徒労感にも使える言葉なのだろうか。いまひとつ把握しあぐねたままでいる。
 
 希望を示してくれる歌だからこそ、そのやさしさに縋ってしまう自分が救われない。

 天は自ら助くる者を助くってなもんで。



 近況。

 地元に戻るのに、部屋の片付けとかに躍起になってたら、この有様だよって感じです。
 よって一曲だけ。
 しばらく更新のんびりになるかも。
 一応報告まで。
なにが氏
動画紹介   0 0

:ボーカロイド - :音楽
















 

http://naonanigashi.blog54.fc2.com/tb.php/246-8a02636d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。