スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

絡め捕られる運命


 あぁ、皆、このようにして



 幻想郷へと迷い込んでゆくのですね。


 数多に散りばめられた諸要素の集合が、人に妄想を許可する。
 月姫にしろ、ひぐらしにしろ、この東方、果てはボカロに至るまで、コミュニティはどうして連鎖していくのでしょうか。

 どこかで読んだ話だと、海外にはこのような文化がないそうです。
 別作品を下地にした個々別物であるパロディやオマージュなどの形式とは、また少し違う二次創作。
 オリジナルから派生した内容が、原典を半ば上書きする形でどんどんと、巨大な生き物としてつながっていく俯瞰。

 海外の作品のうち、知っている範疇でいえば、H.P.ラブクラフトから始まるクトゥルー神話の体系が挙げられるくらいでしょうか。
 (だからニトロプラス然り、方々でゲームのネタになったりしているのかもしれない)

 日本とそのほかの国との、どんな違いが作品の姿勢に対して影響を及ぼすのか。
 調べてみると面白いかもしれません。

 メモ程度に書き留め。
なにが氏
日記   0 0















 

http://naonanigashi.blog54.fc2.com/tb.php/32-8d4ac064
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。