スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

ヴァーチャルと現実の狭間で
2025年にはスーパーコンピューターが「人間の脳」をシミュレーション可能に?
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1224961.html


 機械で調整された人の歌声 と 人の声を模した機械の歌声。
 システムに近づいていく人間 と 人間を再現するシステム。

 そこに見る、「境界の消失」は何かの必然なんだろうか。
 ともすれば、それによって二者の絶対的な違いが浮かび上がってくるのかもしれないし、逆にそれらには違いなどないのだという事実を突きつけられるのかもしれない。

 SFがすぐに実現するとはさすがに言えないまでも、なんか、えらい時代に生まれてしまった気がしてきましたよ。

 夢があるんだか、ないんだか。
なにが氏
日記   0 0

:ひとりごとのようなもの - :日記
















 

http://naonanigashi.blog54.fc2.com/tb.php/96-73699ff1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。