スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

不安感の克服
バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2009/01/05)
大場 つぐみ

商品詳細を見る


 デスノコンビの新シリーズ。マンガのマンガ。

 単行本に掲載された大場つぐみのネームから BAKUMAN=RAKIIMAN の等式が導かれて話題になっている本作。
 トントン拍子に進む展開や、マンガについての丁寧な分析、ジャンプのカラーに合ったキャラクターの真っ直ぐな造形など、単体で見ても面白い作品。

 G戦場ヘブンズドア、コミックマスターJ、キャノン先生、などなど。
 マンガ製作者をテーマにした作品は少なからず存在していますが、ジャンプ誌上で連載されているとなると、いささか異例。
 何故この時期に、このテーマなのか。疑問が浮かばなくもありません。

 最近のジャンプ作品の顔ぶれを見るに、いい意味の安定感を覚えます。
 少し前まで、作品の入れ替わりがハイペースで行われていたことを思えば、ネットであれだけ騒がれていたジャンプ叩きが嘘のよう。
 (勿論、批判自体がなくなったわけではないですが)

 あれだけやんやと剪定を繰り返したわけですから、編集側が、山場を越えた時期に種を蒔いて備えておこうと考えたとしても不思議ではないんじゃなかろうか。

 という邪推。

 何かに挑戦する上でもっともしがらみとなるのが不安だとすれば、たとえフィクションであれ、明確な形を与えられ、見て触れるものに近づくことで若い熱が消されずに済むかもしれない。

 本来ならそうあるべきなのでしょうが、お構いなしに情熱を維持できるというのは稀有な才能です。
 それすらも摘み取られかねない現実ばかりが主張する世の中。
 たとえ甘さだ過保護だといわれても、頑張る人が夢を持ち続けることを応援してくれるものが少しくらいあってもいいんじゃないでしょうか。
なにが氏
漫画、書籍   0 0

:最近読んだ本 - :本・雑誌


先週分
2009年1月5日 - 2009年1月11日の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:1271ページ

カノジョは官能小説家 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)カノジョは官能小説家 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
『愛あるエロは最高にエロい』 おそらくこの作家さんの一貫したテーマ。
読了日:01月11日 著者:後藤 晶
森口織人の帝王学 1 (1) (電撃コミックス)森口織人の帝王学 1 (1) (電撃コミックス)
女の子の妄想癖で、ご飯おかわりおいしいです^^
読了日:01月09日 著者:おかゆ まさき
エンジンルーム 血冷式内燃機関室エンジンルーム 血冷式内燃機関室
グレイとはなー。エロイんだけどなー。例のごとく不完全燃焼。タイトルがタイトルだけに皮肉さ倍増。
読了日:01月09日 著者:大暮 維人
官能ノススメ (アクションコミックス)官能ノススメ (アクションコミックス)
物書き×女子高生。絵柄は嫌いじゃないけれど、綺麗にまとまりすぎている読了感に物足りなさもアリ。
読了日:01月09日 著者:山田 可南
FOR SEASON (IKKI COMICS)FOR SEASON (IKKI COMICS)
ぐえっへへww
読了日:01月09日 著者:足立 和律
就活のバカヤロー (光文社新書)就活のバカヤロー (光文社新書)
いっそすべてが茶番なら、自分本位で生きてみようか。なんかいい意味で馬鹿馬鹿しくなってきた。仕事探し頑張ろう。
読了日:01月09日 著者:大沢仁,石渡嶺司
キャノン先生トばしすぎ (OKS COMIX)キャノン先生トばしすぎ (OKS COMIX)
萌えるエロ漫画は数あれど、燃えるエロ漫画にそうそう出会うことなど出来るだろうか。よもやエロ本に目頭を熱くさせられる日が来るとは思わなんだ。
読了日:01月08日 著者:ゴージャス宝田
シマシマ 3 (3) (モーニングKC)シマシマ 3 (3) (モーニングKC)
繋がりから生じる人の心っていうのは、こうまで、ままならないものなんだろうか。
読了日:01月08日 著者:山崎 紗也夏
アンカサンドラ 1 (1) (ライバルコミックス)アンカサンドラ 1 (1) (ライバルコミックス)
二巻読了後、改めて読んで、序盤の盛り上がり具合が残念でならなくなる。次回作に相当期待。
読了日:01月08日 著者:天道 グミ,斐文 士吾朗
アンカサンドラ 2 (2) (ライバルコミックス)アンカサンドラ 2 (2) (ライバルコミックス)
運命と戦うという方向性は嫌いじゃなかったけれど、唐突に『敵』が出てきてしまったのが安易だったのかなぁ。見えないものが見えるようになってしまったから。それとも作者の腰痛が原因なのかなぁ。惜しい。
読了日:01月08日 著者:斐文 士吾朗
To LOVEる-とらぶる 12 (12) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 12 (12) (ジャンプコミックス)
(*゚∀゚)o彡°リコ! リコ!
読了日:01月08日 著者:矢吹 健太朗,長谷見 紗貴
大学生のためのレポート・論文術 (講談社現代新書)大学生のためのレポート・論文術 (講談社現代新書)
学生生活の、出来れば早いうちに読むことを推奨。さて、書き始めますか。
読了日:01月07日 著者:小笠原 喜康
うまくいく子の考え方―12歳からの生き方ガイドうまくいく子の考え方―12歳からの生き方ガイド
12歳から、と銘打っているだけのことはある簡潔さ。どの自己啓発本でも、言ってることの根っこは同じなんだな。
読了日:01月06日 著者:フランク・マギンティ,松原 葉子
それでも町は廻っている 5 (5) (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 5 (5) (ヤングキングコミックス)
キャラにどんどん厚みがついていくなぁ。紺先輩が可愛いのは相変わらず、歩鳥には妙な才能が発覚する影で、一歩出遅れてしまった感の否めないたっつんに、次巻、春は来るのか。季節的な意味で。
読了日:01月05日 著者:石黒 正数
ヘタな人生論よりイソップ物語―こんなに奥が深い“大人の童話” (河出文庫 う 9-1)ヘタな人生論よりイソップ物語―こんなに奥が深い“大人の童話” (河出文庫 う 9-1)
内容が前を向いている教訓は、気分が後ろを向いているときに聞いてはいけない。至極正論であれば尚のこと。
読了日:01月05日 著者:植西 聰

読書メーター



 年末年始は実家に帰っていたこともあって、新書やら文庫が多めでしたが、戻ってからは漫画ばっかりですね。
 しかもほとんど再読。

 自分なりにメモして内容を纏めてしまえる文字の本とは違って、漫画は絵柄も重要なファクター。
 たとえ中身が×××××でも、手放すのに惜しい単行本もちらほらとあったりするので、整理するにあたって、実に困ります。

 物欲のげに恐ろしきかな。
なにが氏
漫画、書籍   0 0

:最近読んだ本 - :本・雑誌


先週分読了本
2008年12月29日 - 2009年1月4日の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:739ページ



裏ネタ全書 どこか怪しい世間のカラクリ551 (知恵の森文庫)裏ネタ全書 どこか怪しい世間のカラクリ551 (知恵の森文庫)
_( ・∀・) _ そーなのかー。
読了日:01月03日 著者:エンサイクロネット




悩む力 (集英社新書 444C)悩む力 (集英社新書 444C)
若年性の神経症に対する、分かりやすい回答例。そのように苦しんでいるのは自分だけでないと示されたものを慰めとして安堵するのは、戦うことからの逃避だろうか。
読了日:12月31日 著者:姜尚中



クレーム対応のプロが教える 心を疲れさせない技術 (青春新書INTELLIGENCE 214) (青春新書INTELLIGENCE)クレーム対応のプロが教える 心を疲れさせない技術 (青春新書INTELLIGENCE 214) (青春新書INTELLIGENCE)
クレーム対応係への、心の持ち方指南本。方向性が特化しているので、万人向けとは言い難い。参考程度に。
読了日:12月30日 著者:中村友妃子,田村綾子



ほしのこえ (アフタヌーンKC)ほしのこえ (アフタヌーンKC)
原作から、視野を少し拡げたコミカライズ。ふたりだけのセカイ、その周りにも、それぞれの想いが引き裂かれ、繋がっている。
読了日:12月30日 著者:佐原 ミズ,新海 誠



シューピアリア 8 (ガンガンコミックス)シューピアリア 8 (ガンガンコミックス)
勇者一行をモザイクと戦わせたのは、ファンタジー世界へのとんでもない一石かもしれない。
読了日:12月29日 著者:ichtys




紅心王子 4紅心王子 4
家族というのは繋がりでもあり柵でもある。
読了日:12月29日 著者:桑原 草太




神のみぞ知るセカイ 2 (2) (少年サンデーコミックス)神のみぞ知るセカイ 2 (2) (少年サンデーコミックス)
ギャルゲーはパターン化が顕著になって停滞した。それを逆手にとって美味しく料理する今後に期待できる作品ktkr。
読了日:12月29日 著者:若木 民喜



神のみぞ知るセカイ 1 (1) (少年サンデーコミックス)神のみぞ知るセカイ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
父、哀れ。
読了日:12月29日 著者:若木 民喜




夜桜四重奏 6 (6) (シリウスコミックス)夜桜四重奏 6 (6) (シリウスコミックス)
あっさりほのぼのシリアス町内バトル漫画も山場を迎えて六巻目。派手に立ち回っていたけれど、今回は比較的薄口かも。つか、最後の一撃がとてもやわらかそうでウラヤマシ(弾弾弾弾弾弾
読了日:12月29日 著者:ヤスダ スズヒト



フダンシズム-腐男子主義- 3フダンシズム-腐男子主義- 3
相関図がどんどんカオスになっていく……。いいぞもっと(ry
読了日:12月29日 著者:もりしげ


読書メーター




 先週分の読書一覧でも載せて、お茶を濁してみます。

 この中だと『神のみぞ知るセカイ』が存外に面白かった。
 読書メーターの米欄に、結構まじめな分析している人がいるのを見て、手持ちのサブカル書籍を引っ張り出してみようかと思い立つ、夜明け前。
なにが氏
漫画、書籍   0 0

:今日のつぶやき - :日記


| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。