スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにが氏
スポンサー広告  

つまみーな


 カービィって可愛くていかにもファンシーな世界観のキャラクターだけれど、実は、世界を救うために戦ってる孤高の勇者なんですよね。
 夢の泉クリアして知って、今ではもう珍しくなってしまった正統派なヒーローっぷりに涙腺が熱くなったのもいい思い出。



 良アレンジが大漁だったので氏のマイリス載っけてみる。





 ↑のマイリス見てたらボーカロイド曲があったので拝聴。
 今朝寝違えた首がさらにえらいことになりましたので、ご覧になる方は十分に首のストレッチをしてから再生ボタンをクリックしてください。
なにが氏
動画紹介   0 0

:ニコニコ動画 - :日記


ぼくのなつやすみ
 家族との行楽も一段落しまして、実家でごろごろしつつ、実況者サマーフェスタラジオをBGM代わりに、押入れから発掘したゲームボーイで6つの金貨とか、初代のポケモンなんてやってみたり。

 やってることが、小学生から大して変わっていない。




 せせらぐような和のメロディにノスタルジーを覚えるあたり、自分の中にも連綿と遺伝された血の記憶というものの存在が見える気がする。
 それを自覚することが、資料館だったり史跡だったり、渋めの観光を楽しめるようになる条件であるのかもしれません。
 いや、行楽日程に入ってた出雲大社の資料館がやたらと楽しかったわけですよ。




 コミカルなメロディだけれどハイセンスな深みを感じさせられるのはパンダの所為か。
 二番目メロの歌詞なんか特に、含蓄ありそうで食指が反応。
 武闘着チャイナ服のミクさんの袖のあまり具合もかわいい。



 個別ピックアップ&フロムブックマーク



 音と映像がブレずにキマるとひたすらに快楽。
 今までの経験上、秀逸なMAD動画を先に見てしまった所為で、本編見たとき落差にやきもきすることがままあることを知ってはいますが、それでもなお、ネタ元のアニメを見てみたいと思わされてしまうMADはいいMAD。




 明日はハンマーの日。
なにが氏
動画紹介   0 0

:ボーカロイド - :音楽


後ろめたいシンパシー


 願わくば、すべてが真っ白に閉じられたままであればどれだけ静かだっただろうとさえ思う。
 未だに、望んでさえいる。
 考えるほどに、自分に形と色を与えてくれる他者の必然、不可欠性に、結局のところは行き着いてしまうのだけれど、地に足のついた関係性を誰かと共有するには、セカイ系の夢の中でたゆとうままに生き過ぎてしまった。

 結局、今、自分の囚われている問題の根元は、大概がその接続不良に起因しているのだろう。
 寂しさというのはもっと静的な感情だと思っていたけれど、どうにもならないものと相対し続けなければならないという徒労感にも使える言葉なのだろうか。いまひとつ把握しあぐねたままでいる。
 
 希望を示してくれる歌だからこそ、そのやさしさに縋ってしまう自分が救われない。

 天は自ら助くる者を助くってなもんで。



 近況。

 地元に戻るのに、部屋の片付けとかに躍起になってたら、この有様だよって感じです。
 よって一曲だけ。
 しばらく更新のんびりになるかも。
 一応報告まで。
なにが氏
動画紹介   0 0

:ボーカロイド - :音楽


幸福


 救われない願い事を抱え込んでしまったものにとっての救いとは、何なのだろうね。


 引用元
 http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51489583.html
なにが氏
動画紹介   0 0

:動画 - :アニメ・コミック


土壌と水分と養分+α
 連勤のバイトがようやく明けました。いろいろと濃い一週間だったなぁ……。
 これもまた人生の肥やし。
 芽よでろー。でろー。



 ミクさんの声が微妙に甘ったるくてかわいい。
 ぺぃーんってギターの音もかわいい。
 自然に体の動く音楽は楽しいです。




 サムネで損してる気がして仕方がない。
 裏切りまくって申し訳ないという後ろめたさが先に立ってしまうのも、親の心子知らずというやつなんでしょうか。




 雰囲気に覚えがあると思ったらSETSUNAの人でした。
 伝奇系バトルアニメのOPっぽい曲調には、やっぱり安定したカッコよさがあります。
 ちょうど「SETSUNA」がぼからんに入ってたころが、自分のニコニコデビューでしたから、もう一周年か。
 随所で語られていますが、なんか経過する時間が早いですね。ネタ消費サイクル的な意味も含めて。




 ギャルゲー全般から離れてしまって久しい。
 アニメでは途中まで見てたので、おおよその筋は把握できているんですが、うたわれるものはじめとして、やっぱり名作と呼ばれる作品くらいには自分の手で触れておきたいところです。




 楽しい皮肉は芸術になる。イェー。



 フロムブックマーク&個別ピックアップ。




 きらきらさわやかな空気感と静かなビートの心地よさ。




 デPによるフエラ動画。
なにが氏
動画紹介   0 0

:ボーカロイド - :音楽


PREV | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。